企業の社会的責任(CSR)

CSR方針:労働者の権利を守ります。企業倫理と規制要件を遵守します。従業員の健康、労働安全、環境保護を確約します。

JCETが任命した管理責任者が、社会的責任の体制を確立・維持します。JCETはこれらの要件をサプライヤーや下請業者にも伝えています。JCETは、現地の労働およびその他の規制要件、RBA基準を遵守し、体制の確立、実施、維持において継続的な改善を行うことを約束しています。

 

Labor Protection
  • 未成年労働者・女性労働者の保護

    児童労働の禁止、未成年労働者・女性労働者の保護を実施しています。

  • 差別の撤廃

    従業員の採用、昇進、報酬の機会均等を図り、あらゆる差別を禁止しています。

  • 結社/交渉の自由

    労使の協力を推進しています。結社の自由と交渉の自由に関する労働者の法的権利を尊重しています。

  • 労働時間

    労働時間は法令を遵守し、自主的な残業の原則を守るとともに、生産計画の合理的な手配を行い、7日に1日以上の休日を労働者に与えます。

  • 賃金と福利厚生

    労働者の賃金は、最低賃金、時間外賃金、法定福利など、適用されるすべての賃金に関する法令に準拠し、それらを上回ります。賃金に関する情報は、賃金明細により労働者に伝達されます。懲戒的な賃金の控除は禁じられています。

  • 人道的な扱いの実施

    暴力、性別に基づいた暴力、セクシャルハラスメント、性的虐待、体罰、精神的または身体的抑圧、いじめ、社会的屈辱、労働者への暴言など、従業員に過酷で非人道的な扱いをすることは禁止されています。労働者の自由を尊重し、いかなる強制労働や囚人労働も禁止しています。

  • 環境安全衛生(EHS)

     

    人間本位、包括的な管理、健康と安全の全面的な保護

    省エネ、消費削減、クリーン生産、環境汚染の防止と管理

    誠実に法を遵守し、継続的な改善により、安全でグリーンなJCETを共同で実現

    EHS文書

  • 倫理

     

    業務の品位 • 公正な取引 • 情報の開示 • 不正報酬の禁止 • 知的財産の保護 • 紛争鉱物不使用